*

【音楽と写真】Apple の MacBook Pro 17inch で docomo SONY の XPERIA Z SO-02E を使うために Bridge for Mac をインストールした件【同期】

公開日: : 最終更新日:2014/05/22 Mac , , , , , ,

IMG 0804
photo credit: @pp3zauda


どうも!@pp3zaudaです。


皆さん、XPERIA Z 楽しんでますか?

仕事に 遊びに 大活躍の Z ですが、一つ困った事があります。

それは、写真や音楽 などを 手軽に Mac や PC などから 転送して 楽しむ事が難しいという事です。


Apple の iPhone は iTunes という優秀な管理ソフトがありますが、XPERIA Z に 同梱されているソフトPC コンパニオン(PC Companion)は残念ながらWindows専用となっています。

Mac で XPERIA Z を楽しむ事は出来ない物かとGoogle先生に聞いたところ、やはり同じ事を考えていた人がいました。


あれやこれや備忘録さんより一部抜粋
Xperia ZとMac: あれやこれや備忘録

Bridge for Macをダウンロードする






現時点で「日本語」のソニーモバイルのサイトではMacOSとの接続情報は一切提供されていないが、「英語」のソニーモバイルのサイトではBridge for MacというMacOSをXperiaの母艦にするためのソフトウェアが提供されている。ダウンロードページは英語のみだが、アプリケーションは完全に日本語化されておりXperia Zでも使用することが出来る。

Bridge for Macを起動してUSBでXperia Zを接続するとiTunesライブラリやiPhotoライブラリのファイル転送、Xperiaのデータのバックアップなどが出来るようになる。バックアップ先は~/Library/Application Support/Sony Ericsson Bridge for Mac/Backups で、ソニーエリクソンの文字がまだ残っている。バックアップ毎に新しいフォルダが作成され復元時にバックアップデータを選択出来る。

iTunesライブラリでは、ミュージック、ムービー、テレビ、ポッドキャスト、プレイリストか選択してXperiaに転送が出来る。iTunes Storeで購入した曲もDRMが解除されているバージョン(iTunes Plus)ならば転送してXperiaのWalkmanアプリで再生することも可能だ。実行ボタンは「同期」となっているが実際はXperiaへの転送であって、iTunesのように再生情報をライブラリに反映するなどの双方向の処理が行えるわけではない。またBridge for Macの基本設定画面でチェックを入れればカバーアートも転送することは出来るが、レートなどの一部メタ情報や曲に埋め込まれている歌詞等は転送されない。

Bridge for Macの難点はクラッシュする可能性が高いことで、特にiTunesのプレイリストにアクセスした際にクラッシュすることが何度かあった。日本のユーザーはバグやクラッシュに対して苦情を言うだけで、改善のための情報を送るなど前向きな姿勢を見せないことが多いので(iOSのApp Storeのコメントを見るとこの傾向は良く分かる。サービスは正常に受けて当たり前という日本独自の考え方が根底にあるのかも)、上記のように日本語サイトではBridge for Macを配布していないのだろうか。

ソニーモバイル純正のBridge for MacとGoogleサービスを組み合わせるだけで、音楽・ムービー・メール・予定表等のWindowsを母艦にしたときとほとんど同じように、MacOSとiTunesとの組み合わせでもXperiaの母艦にすることが出来た。


おお、実際に使ってみましたがこれはいいですね。

iTunesに保存されていた音楽や写真、Podcastも無事に同期できました。XPERIA Z で撮影した写真もMacに保存されました。

バックアップも問題なしです。これで一安心ですね(^_^)

なぜか音楽の同期にエラーが出る曲が2曲ありましたが、アルバムタイトno
文字コードを unicode に直したらエラーが収まりました。2バイト文字はダメなのだろうか?ちょっとよくわかりません。

お困りの方、Bridge for Mac使ってみてください!

Bridge for Macをダウンロードする




私がオススメしたい、XPERIA Z 用 超絶保護フィルムはこちら!


スポンサードリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
PAGE TOP ↑